スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.06.06 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

若干買い時な気がしました。

前回の取引のマーケットインはユーロ/円が一時安値114.46円まで下落し、若干買い時な気がしました。

30分足のローソクチャートから考えると、緩やかな上げ気味が続いてから、前の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去2時間前までに酒田五法の上げ三法のひげがあります。

ひきつづき、長期移動平均を支持線に安値圏でもみ合いしていますが、終値が陰転したことで、長いレンジ相場の上限が見えてきます。

再びローソク足が陰転したことで、中期BOX相場の上限が見えてきます。

移動平均で様子を見てみると激しい上昇状況と考えられます。

50日平均線より短期平均が下部で移動しており、どちらの平均線ともに緩やかな下げ基調です

今までの実績を考慮すると、この相場はあーだこーだ悩まずオーダーでいこうと思いました

ボリンジャーバンドは-1σ圏近辺に突き抜けたので、長期移動平均の底によって勢いが強まった感がありそうです。

この相場はあーだこーだ悩まずオーダーでいこうと思いました。

あまり損をしないうちに早いところ決済します。


デッドクロス直前です。

前の取引はエントリーからポンドは134.34円の値をつけており、売り時の感がありました。

1時間足のローソク足だと、下げ気味がしばらく続いた後、大きな陽線と陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去5時間前までに酒田五法の三法のひげが見えます。

ひきつづき、一目均衡表の基準線を支持線に安い価格帯で移動していましたが、再びローソク足がデッドクロスしたことで、中期ボックス相場の高値が見えてきます。

値足がデッドクロスしたことで底を突破するか注意が必要です。

今までの成績を考慮すると、売買するべきかどうか迷います

ストキャスから予測すると、50%より下の部分でSDが%Dを交差する直前で、デッドクロス直前です。

今回はあーだこーだ悩まず売買をしていこうと。

チャートの管理だけはしっかりやって、FX会社に自動決済を食らわないように建て玉をキープしていきます。


自動決済を食らわないようにポジションを保ち続けていきます。

一昨日のマーケットインはユーロ/円が116.91円まで上昇し、かなり買われ過ぎではないかと思いました。

日足のローソク足から考えると、上げが続いた後、前の終値から大きく下落した出会い線で、過去2時間中にに宵の明星に見える傾向が伺えます。

上限は一目均衡表のクモや50日移動平均線がサポートとして推移しています。

ひきつづき、20日移動平均線をサポートに底値圏で推移していましたが、再び終値が陰転したことでサポートを突破できるかどうか注意が必要です。

移動平均で兆候を確認してみると緩やかな上昇状態にあります。

5日平均線が50日平均より下部で移動しており、5日平均線は激しい下降傾向で、50日平均は明らかな上昇傾向です。

取引の経緯を判断すると、取引すべきかどうか悩みます。

ボリンジャーバンドは買われ過ぎ圏近辺で推移して、一目均衡表の分厚いクモが底として推移したので、短期的に底堅い状況を確認した感じです。

こういうチャートはあーだこーだ心配せずに取引だと思います。

相場の管理だけは堅実にやって、自動決済を食らわないようにポジションを保ち続けていきます。


三法を示して予測しづらいチャートを形成しました。

朝のマーケットインはユーロ/円が一時114.51円まで上昇し、その後113.58円まで売られ、三法を示して予測しづらいチャートを形成しました。

30分足のローソク足から考慮すると、激しい下げが長く続いた後、先の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去2時間中にに三兵に見える様子があります。

ひきつづき、20日移動平均線を天井に高い価格帯で移動していますが、ローソク足がゴールデンクロスしたことで、長いBOX相場の下値が見えてきます。

20日移動平均線を天井に高い価格帯でもみ合いしていましたが、値足がゴールデンクロスしたことで天井を下回るかどうか注意しています

過去の成績から判断すると、この相場はあれやこれや考えずエントリーで大丈夫だろうと

ストキャスを見ると、売られ過ぎ圏は下落しているものの、再び底値を試す可能性が予測できるでしょう。

この相場はあれやこれや考えずエントリーで大丈夫だろうと。

残り資金の管理だけは確実にやって、FX会社にロスカットされないように持ち玉を保っていきます。


中期ボックス相場の底値が視野に入ってきます。

朝の取引のエントリーの米ドル/円相場は92.67円で、若干買われ過ぎの感がありました。

再び新値足が陽転したことで、中期ボックス相場の底値が視野に入ってきます。

1時間足のローソク足から考えると、はっきりとした暴騰が続いた後、終値の高値が揃った毛抜き天井で、過去3時間以内に酒田五法で言うところの三空踏み上げのようなチャートが見えます。

SMAから予測するとはっきりと下げ状態といえます。

20日平均線より5日平均線が上部で維持していて、5日平均線は激しい上げ気味で、20日平均線は緩やかな下落基調です。

昨日までの経験を判断すると、売買した方が良いか迷います

スローストキャスティクスでは、50%より上でゴールデンクロスしているので、ゴールデンクロスしたら、その後のチャート足の始値が取引の機会です。

今回はあーだこーだ悩まず売買だと思います。

証券会社にロスカットされないようにレートの管理だけはきちっとやって、建て玉を保っていきます


どちらも緩やかな下降傾向です。

昨夜のエントリーはユーロ円が112.9円まで下落し、その後は115.42円まで買い戻され、多少買い優勢のマーケットとなりました。

再び値足が陰転したことでサポートラインを突破できるか注意が必要です。

5分足のローソクチャートでは、緩やかな上昇傾向が長く続いてから、陰線の後で小さい陽線が現れるはらみ線で、過去4時間の中に三兵に見えなくもない傾向が見えます。

単移動平均から判断するとはっきりと下降トレンド相場です。

10日平均線が30日平均より下で移動しており、どちらも緩やかな下降傾向です

あいかわらず、一目均衡表の分厚いクモをサポートに低い価格帯で移動していますが、新値足が陰転したことで、長いBOX相場の上値が視野に入ってきます。

証券会社にロスカットされないようにレートのウォッチだけは堅実にやって、ポジションをキープしていきます


再び値足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスラインを維持できるか慎重になっています。

前回の取引のエントリーはポンド/円が一時高値130.44円まで上昇し、かなり買い優勢の相場となりました。

ひきつづき、一目均衡表の転換線をレジスタンスラインに高い価格帯で推移していますが、再び値足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスラインを維持できるか慎重になっています。

再びローソク足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスを維持できるかどうか注意しています。

移動平均から予想してみると明らかな暴騰といえます。

長期平均より5日平均線が上で維持しており、両平均線とも上げ気味です

【FX比較】FXオススメ口座開設

先週の経緯から考慮すると、売買した方が良いかどうか迷います

スローストキャスを見ると、売られ過ぎ圏で下落し、引き続き底値を挑む可能性が高まってくるでしょう。

こういう相場はあれやこれや心配せずに売買をしてみようと思いました。

相場の監視だけは堅実にやって、FX会社にロスカットを食らわないように持ち玉を保っていきます。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

archives

profile

書いた記事数:287 最後に更新した日:2011/06/06

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM